自動で手軽にバックアップBunBackup

バックアップハードディスクイメージ
アプリ

今日ご紹介するのはWindows用定番バックアップソフトBunBackupです。このソフトは自動でフォルダを同期したり、ターゲットフォルダを自動でコピーしたりできます。

RAIDは難しくてわからない、慣れないRAIDは心配だという場合(私がそう)等に指定したファイルを物理的に別のHDDにコピーできます。しかも手軽に

使い方

まず最初にバックアップ対象のフォルダを指定します。ウィザードを使って指定する方法とアプリの画面から設定する方法があります。ここではウィザードを使った方法をご紹介します。

ウィザード開始画面
対象フォルダを指定します。
宛先フォルダを指定します。
バックアップ設定データを保存する場所を選びます
簡易エラーチャックを行います。スキップ可
ウィザードが終了しました。
バックアップを開始するボタンでいつでもバックアップを開始できます。

なお手動でバックアップを開始することもできますが、自動でのバックアップも可能です。設定等を見直してみてください。設定はツールチップテキストがマウスオーバーで表示されるようになっていますし、使い方がすぐにわかるつくりになっています。なお設定は以下のようになっています。

設定画面

設定類

わかるものを説明します。

ミラーリング

バックアップ先のファイルを消したらバックアップ元のファイルも消える設定。うまく使えばよいのだが、危険なのであまりお勧めできない

高速ファイルチェック

バックアップしたファイルの情報をキャッシュし、バックアップ先ファイルの検索時間を短縮する。

これは単純にバックアップの際の時短効果が狙える設定のようです。キャッシュが古くなる可能性があるので個人的にはどうなのだろうかと心配になります。

世代管理

バックアップするたびに新しい世代として新たなファイルを保存するようです。上書きせずに世代管理フォルダに保存とあります。

ネットワークログイン

バックアップを開始する前にネットワークにログインするようです。

バックアップ先ファイル保護

バックアップが中断された際にコピーの途中の壊れたファイルができ、ファイルが破壊されるのを防ぐ機能のようです。

バックアップ元ロックファイルコピー

バックアップ元のファイルがロックされている場合でもちゃんとコピーしてくれるようです。

上書き警告

コピー先のファイルを上書きする前に警告してくれるようです。

圧縮

バックアップ先を圧縮することにより容量を節約してくれるようです。

暗号化

バックアップ先を暗号化してくれるようです。ただし何がキーになるのか不明なので個人的には怖くて使えません。復号するときに困ったらバックアップの意味ない。

アーカイブの画像
アプリ
WinRARで秘密のファイルを管理しよう

Winrarは世界中で有名な便利ソフトです。 ただのアーカイバーでしょといえばそれまでなのですが、セキュリティの強固なAESを使った暗号化などが行えるため手軽にセキュアな環境を構築できます。 もちろん持ち運びにも便利で暗号化したファイルを持ち運べばUSBをなくしてしまってデータ漏洩が心配という場合にも対応できます。 ポータブルWinRAR ポータブルで使う場 …

パソコンを使う若い男性
Raspberry Pi
Raspberry PiのOSイメージをddで扱う際の注意点

皆様こんにちは。ラズベリーパイを使用している方も増えているかもしれません。ラズベリーパイはSDカードをストレージに使ってOSをインストールする場合が多くなっています。そんな場合にある程度ギリギリのサイズのSDカードを使うことによりOSイメージを手軽に作ることができるのでddを便利に使っている方も多いと思います。 過去記事 OSをまるまるバックアップ。ddコマ …

アプリアイコンのイメージ
Tips
ジョジョジョイーン縮小革命で画像を扱いやすく!

皆様こんにちは。今日は画像をブログなどで使う際に扱いやすいサイズに調整する話です。 画像サイズはWEBで使う場合には適切なサイズというものがあります。あまり画像サイズが大きすぎると無駄にデータ通信を使うためにあまり勝手が良くないのです。 大体長辺が1000px以下くらいまで抑えても問題ない場合が多いです。画像のピクセル数、サイズを下げるメリットとしてはファイ …