非純正格安インクを使って印刷のコストを下げよう

プリンターインクイメージ
お得情報

プリンタのインクには格安インクと純正インクとがあります。純正インクは品質が高く動作が保証されます。例えばプリンターが保証期間内に壊れた場合、純正インクを使っていればプリンターの保証を受けることができます。しかしながら非純正インクを使っていて故障しても、保証が受けられなくなるということはありえます。それを鑑みても格安インクは安く。利用する価値があるといえると思います。

プリンターに格安インクを使うことでプリンタの本体代金程度のお金はすぐに節約することができるからです。それくらい純正インクは高いです。利用頻度が高い人ほど節約効果は高くなります。めったに使われない方は純正インクを使っていた方がメリットがある場合もあります。

格安インクのコスト

格安インクのコストはどれくらいでしょうか。新しいプリンタほど格安インクが少なく高い傾向はありますが、十分こなれたインクの場合、例えば私が使っているインクの場合5色セットで300円程度とめちゃくちゃやすいです。

プリンターの故障は覚悟した上で使おう

大抵の場合何事もなく問題なく使えますが、プリンターが最悪、故障する可能性があることを頭においておく必要があります。私の場合、運もいいのか品質の悪いものに当たったことはなく、プリンター関連経費は大分得をしています。プリンターも古いものなので今更壊れたところで元はとっていると思いますのでこれからも使い続けます。

プリンターを買われたばかりの場合は悩まれると思いますが、純正インクの価格が半端じゃなく高いのではじめから覚悟して格安インクを使ったほうが賢い選択かもしれません。

プリンターは定期的にメンテナンスしよう

最近のプリンターは電源を入れることでインクを吹き出しクリーニングを行ってくれます。そうでないプリンターの場合は定期的に印刷や手動クリーニングしてヘッドがつまらないようにした方がよいです。こうすることでプリンターの目詰まりを防止しプリンターをいつでも使える状態にすることができます。

またクリーニングによりインクを使いますので、この点でも格安インクは有利です。

総評(格安インクはおすすめ)

特に利用頻度が高い場合、プリンターのインクは格安インクをおすすめします。しかしながら運が悪いと壊れる可能性もあることを頭においた上でご選択ください。

本山積みの図
Tips
パソコンで本を作ろう。フォトブックや絵本、その他小冊子などの製本方法

皆様こんにちは。今日はパソコンを使った本の作成方法についてご紹介いたします。 パソコンの活用方法色々ありますね。中でも本を作るなんていうのはちょっとワクワクする使い方ではないでしょうか?製本方法にも色々ありますが、パソコンで簡単にできるのは小冊子などを作るための中綴じ(なかとじ)です。その他の製本もできるかもしれませんが中綴じはとても簡単にできるのでおすすめ …

Windows 11
豆知識
Windows11が出る!Windows11は無償アップデート可能だが要件が厳しい。

最後のバージョンと聞いていたWindows10の後継のWindows11が出ることになりました。あちこちで書かれていたことは結果的に誤報といういう結果になりそうです。こちらでもずっと使えるOSだとか書いていたので誤報となり申し訳ございません。 Windows10はいつまで使えるか? Windows11は無償アップデート可能のようですが、システムを導入するのに …

暗号化の元
豆知識
Windowsの秘密の質問はセキュリティーの欠陥になる?

Windowsではローカルアカウントを作りログインする機能がついています。最近ではマイクロソフトアカウントでログインする人も増えていますが、なんとなく気持ち悪いので、ローカルアカウントを作り続ける人も多いのではないでしょうか?ローカルアカウントを作ると、いつのまにか秘密の質問を答えさせられるようになっていました。この秘密の質問を使うとWindowsのパスワー …