コンピュータにおけるメモリの搭載量の考え方

メモリーのイメージ
豆知識

現代のコンピュータにおいて必ずついてるパーツ。メモリですが、スペック(性能)上どう考えたらいいかを書き記しておきます。

コンピュータに搭載されているメモリは、速度と容量が主にスペックとして考えられます。速度は新しいものが早いです。DDRメモリはDDR2からDDR4まで現在のところ一般的に普及しています。

各速度は以下の通り。

PC4-2666DDR4-266621.3GB/s2666MHz288ピン
PC4-2400DDR4-240019.2GB/s2400MHz288ピン
PC4-2133DDR4-213317.0GB/s2133MHz288ピン
PC3-12800DDR3-160012.8GB/s1600MHz240ピン
PC3-10600DDR3-133310.6GB/s1333MHz240ピン
PC2-6400DDR2-8006.4GB/s800MHz240ピン
PC2-5300DDR2-6675.3GB/s667MHz240ピン
PC2-4200DDR2-5334.2GB/s533MHz240ピン
PC-3200DDR4003.2GB/s400MHz184ピン
PC1331GB/s133MHz168ピン

メモリの帯域ですが バス幅 x 周波数 で計算できます。

667mhz × 64bit(8Byte) = 5336MB/s

こうしてみるとメモリもどんどん速くなってきていますね

速度も大事だがそれよりも搭載量が大事

メモリの速度を見てきましたが、スペックの見方としてはメモリは速度よりも足りているかどうかを重視したほうがよいものなんですね。

足りないとメモリと比べて段違いにアクセス遅いHDDなどのストレージドライブにメモリの足りない分を読み書きしに行くのでめっちゃ遅くなります。ストレージをメモリの様に使う処理のことをスワッピング(スラッシング)といいます。これが起こるとストレージがSSDでも速度が低下しますので注意が必要です。

そしてもしもメモリが足りている場合ですが、必要以上に多く積みすぎてもほとんど速度の向上は見られません。足りてるか足りてないかに尽きるのです

結果:一番の確認項目は

ということで、メモリに関してのチェック項目は

メモリが足りているか。

PCが遅くて仕方ないという人は一度メモリが
足りているかを確認しましょう

メモリが足りてるかどうかの確認方法

Windowsであれば CTRL+ALT+DEL の同時押しでタスクマネージャーを起動します。Windows10であればパフォーマンスのメモリの 2.6/7.8GBのようになっているところを見ます。この場合7.8G搭載の、使用中が2.6Gということで十分足りています。これが使用中が7.8などになったら足りていないものとみなします。メモリが4.0G搭載の使用中4.0でも足りません。ご自身のパソコンに合わせて読み替えてください。

なおWindows10以外のバージョンでもよく見るとメモリに関するデータが載っています。適宜読み替えてください。

コンテンツフィルター
Tips
DNSを使って簡単にコンテンツフィルタリングを行うOpenDNS

皆様コンテンツフィルタリングに興味はありますか? お子様がいらっしゃる場合など危険なサイトにはアクセスしてほしくないと考える方も多いのではないでしょうか? 大人用コンテンツやフィッシングサイトなど危険なサイトは沢山あります。どのようにしてそのようなサイトから身を守るべきでしょうか。 今から出来るフィルタリング 今からすぐフィルタリングを始めたい場合、利用でき …

IP電話イメージ
お得情報
携帯電話代金を安くあげる方法の一つ。050番号を持つ方法

携帯電話代金を維持するには格安シムでさえおよそ700円かかります。 電話番号を持つ方法はこの700円を支払うか。050番号を持つという方法があります。050番号はIP電話に振られる番号でこのIP電話を持つことにより携帯電話代金を安くあげる事ができます。 多くのプランではデータプランを全くなしにできない事から700+480円程度は維持費がかかります。 IP電話 …

ファイルのイメージ
Tips
Windows10のファイル検索、ファイルサイズによる検索をする方法

古くからWindowsのファイル検索はファイル名だけでなくサイズなどからも検索することができますが、昔のWindowsファイル検索窓と違い使い方がわからないために、検索できないなー不便だなーと思う事がありました。 Windows10ですぐに使えるテクニックで、サイズから検索するにはどうしたらよいのでしょうか。 ファイルサイズから検索する方法 答えは簡単で検索 …