コンピュータにおけるメモリの搭載量の考え方

メモリーのイメージ
豆知識

現代のコンピュータにおいて必ずついてるパーツ。メモリですが、スペック(性能)上どう考えたらいいかを書き記しておきます。

コンピュータに搭載されているメモリは、速度と容量が主にスペックとして考えられます。速度は新しいものが早いです。DDRメモリはDDR2からDDR4まで現在のところ一般的に普及しています。

各速度は以下の通り。

PC4-2666DDR4-266621.3GB/s2666MHz288ピン
PC4-2400DDR4-240019.2GB/s2400MHz288ピン
PC4-2133DDR4-213317.0GB/s2133MHz288ピン
PC3-12800DDR3-160012.8GB/s1600MHz240ピン
PC3-10600DDR3-133310.6GB/s1333MHz240ピン
PC2-6400DDR2-8006.4GB/s800MHz240ピン
PC2-5300DDR2-6675.3GB/s667MHz240ピン
PC2-4200DDR2-5334.2GB/s533MHz240ピン
PC-3200DDR4003.2GB/s400MHz184ピン
PC1331GB/s133MHz168ピン

メモリの帯域ですが バス幅 x 周波数 で計算できます。

667mhz × 64bit(8Byte) = 5336MB/s

こうしてみるとメモリもどんどん速くなってきていますね

速度も大事だがそれよりも搭載量が大事

メモリの速度を見てきましたが、スペックの見方としてはメモリは速度よりも足りているかどうかを重視したほうがよいものなんですね。

足りないとメモリと比べて段違いにアクセス遅いHDDなどのストレージドライブにメモリの足りない分を読み書きしに行くのでめっちゃ遅くなります。ストレージをメモリの様に使う処理のことをスワッピング(スラッシング)といいます。これが起こるとストレージがSSDでも速度が低下しますので注意が必要です。

そしてもしもメモリが足りている場合ですが、必要以上に多く積みすぎてもほとんど速度の向上は見られません。足りてるか足りてないかに尽きるのです

結果:一番の確認項目は

ということで、メモリに関してのチェック項目は

メモリが足りているか。

PCが遅くて仕方ないという人は一度メモリが
足りているかを確認しましょう

メモリが足りてるかどうかの確認方法

Windowsであれば CTRL+ALT+DEL の同時押しでタスクマネージャーを起動します。Windows10であればパフォーマンスのメモリの 2.6/7.8GBのようになっているところを見ます。この場合7.8G搭載の、使用中が2.6Gということで十分足りています。これが使用中が7.8などになったら足りていないものとみなします。メモリが4.0G搭載の使用中4.0でも足りません。ご自身のパソコンに合わせて読み替えてください。

なおWindows10以外のバージョンでもよく見るとメモリに関するデータが載っています。適宜読み替えてください。

本山積みの図
Tips
パソコンで本を作ろう。フォトブックや絵本、その他小冊子などの製本方法

皆様こんにちは。今日はパソコンを使った本の作成方法についてご紹介いたします。 パソコンの活用方法色々ありますね。中でも本を作るなんていうのはちょっとワクワクする使い方ではないでしょうか?製本方法にも色々ありますが、パソコンで簡単にできるのは小冊子などを作るための中綴じ(なかとじ)です。その他の製本もできるかもしれませんが中綴じはとても簡単にできるのでおすすめ …

Windows 11
豆知識
Windows11が出る!Windows11は無償アップデート可能だが要件が厳しい。

最後のバージョンと聞いていたWindows10の後継のWindows11が出ることになりました。あちこちで書かれていたことは結果的に誤報といういう結果になりそうです。こちらでもずっと使えるOSだとか書いていたので誤報となり申し訳ございません。 Windows10はいつまで使えるか? Windows11は無償アップデート可能のようですが、システムを導入するのに …

暗号化の元
豆知識
Windowsの秘密の質問はセキュリティーの欠陥になる?

Windowsではローカルアカウントを作りログインする機能がついています。最近ではマイクロソフトアカウントでログインする人も増えていますが、なんとなく気持ち悪いので、ローカルアカウントを作り続ける人も多いのではないでしょうか?ローカルアカウントを作ると、いつのまにか秘密の質問を答えさせられるようになっていました。この秘密の質問を使うとWindowsのパスワー …