SSDのメンテナンス、SSDは定期的にTRIMしよう

SSD交換イメージ
豆知識

SSDのTRIMコマンドとは

SSDではハートディスクと当然ながら動作上の仕組みが異なります。ハードディスクでは、データを書き込むときにディスク上のデータ領域に直接データを上書きしていましたが、SSDではこれができず、書き換え後のデータを別領域に書き込んでアドレステーブルを更新するという手順を取るそうです。

そのためスピーディな書き換えには、空き領域が必要ということになります。ところが一度ファイルを書き込んだ領域にはファイルを削除してもデータが残っています。ファイルの管理台帳からファイルの目録を消すだけの処理をするのが今までハードディスクで使われていた方法でした。ここにはもう保存の必要なファイルはないよと目録を消すのですね(だからファイルの削除は一瞬で済んでいたのですね)

しかしこの方法ではファイルが消えたことをSSDに伝えられません。ファイルを消しても、SSDからは区別がつかず有効なデータがそこにあると認識されてしまうためです。

そこでSSDにはTRIMコマンドというものが実装されるようになりました。OSからSSDに削除してよいよという通知を送る仕組みです。このコマンドを送ることによりSSDはSSD上の空き領域としてその領域を使うために、このコマンドが送られた領域を順次削除(書き込み可能に)してくれます。

これがTRIMコマンドの概要です。

SSDでTRIMコマンドを使う方法

・Windows

Widnows上ではWidnows7からTRIMコマンドのサポートが始まりました。TRIMコマンドはSSDの最適化として、Windows上で自動的に実行されます。定期的にスケージュールされ一定のタイミングで行われます。タイミングが気に入ら無いとき、また大きなファイルを書き込んだあとなど今すぐやりたいとぃうときエクスプローラのドライブのプロパティよりディスクの最適化として手動で実行することもできます。

一方でHDDでは効果のあったデフラグはSSDには無意味になりました。WindowsではSSDのデフラグは画面が表示されないのでできませんが、もし何かのアプリでできたとしてもSSDのデフラグはやめておきましょう。

・linux

fstrimコマンドを使う
マウントしたファイルシステムにTrimコマンドを発行します。-vをオプションをつけないと何ギガの領域にTrimを行ったかわからないため-vオプションをつけて行いましょう。

TRIMコマンドの弊害

TRIMコマンドはSSDの速度を保つのに有効ですが、一方でデータ復旧に弊害をもたらすことがあるようです。HDDのときに消したデータは上書きされるまで残り続けていましたが、SSD(特にWindows)では自動でTRIMされるため消したデータの復旧はHDDのときよりも難しくなったようです。

間違いはいつ起こるかわかりませんが、SSDを使用している時にはデータの扱いには気をつけましょう

本山積みの図
Tips
パソコンで本を作ろう。フォトブックや絵本、その他小冊子などの製本方法

皆様こんにちは。今日はパソコンを使った本の作成方法についてご紹介いたします。 パソコンの活用方法色々ありますね。中でも本を作るなんていうのはちょっとワクワクする使い方ではないでしょうか?製本方法にも色々ありますが、パソコンで簡単にできるのは小冊子などを作るための中綴じ(なかとじ)です。その他の製本もできるかもしれませんが中綴じはとても簡単にできるのでおすすめ …

Windows 11
豆知識
Windows11が出る!Windows11は無償アップデート可能だが要件が厳しい。

最後のバージョンと聞いていたWindows10の後継のWindows11が出ることになりました。あちこちで書かれていたことは結果的に誤報といういう結果になりそうです。こちらでもずっと使えるOSだとか書いていたので誤報となり申し訳ございません。 Windows10はいつまで使えるか? Windows11は無償アップデート可能のようですが、システムを導入するのに …

暗号化の元
豆知識
Windowsの秘密の質問はセキュリティーの欠陥になる?

Windowsではローカルアカウントを作りログインする機能がついています。最近ではマイクロソフトアカウントでログインする人も増えていますが、なんとなく気持ち悪いので、ローカルアカウントを作り続ける人も多いのではないでしょうか?ローカルアカウントを作ると、いつのまにか秘密の質問を答えさせられるようになっていました。この秘密の質問を使うとWindowsのパスワー …