SSH通信でリモート作業、SSHとは

トンネル
アプリ

皆様こんにちは。皆様SSHをご存知ですか。SSHとはなんなのでしょうか。

実はサーバをリモートで操作する事ができるのがSSHです。Secure Shellの略のようです。linuxを使っていると殆どの作業はコマンドラインから行えます。そんな中、コマンドをリモートから発行できるのがSSHです。応用でポートフォワードなどを行って安全なトンネルを作ってTCP通信を行うことなどもできますので、おいおい説明して行きます。

実際に使ってみないとどういうものかわかりづらいかもしれませんね。レンタルWEBサーバの中にはSSHを公開しているものもありますので、そのようなサーバーを借りて作業を行ってみると一発でわかります。XREAやcore ServerなどのサーバはSSHも公開しています。

具体的にコマンドを打っていきましょう

ssh username@server-name.com

このようにサーバー名とユーザを指定してコマンドを発行します。するとパスワードなどを聞かれますので続けて打っていきます。ログインしてしまえば、後はlinuxでターミナルを開いているのと同様の感覚でコマンドを打っていけます。linuxではコマンド作業は必須とも言える位置づけなのでコマンド操作は覚えて置くと後々役にたつかもしれません。

サーバによっては公開鍵方式を使っていて秘密鍵をローカルファイルにおいて接続するパターンもあります。そちらのほうがパスワード方式よりもセキュリティが高くなっているようです。

SSHではポートフォワード機能を使える

ポートフォワード機能はTCP通信をトンネリングして他のLAN内のサーバに転送できる機能です。これを使うことにより直接は接続できないLAN内部のサーバーにアクセスすることができます。その接続先SSHサーバと同じネットワークに所属するIPアドレスに接続できるのです。

sudo ssh USERNAME@SSH接続先サーバーIP -L ローカルポート:リモートアドレス:リモートポート

とすることによりリモートアドレスのリモートポート宛にローカルアドレスからアクセスできます。localhost:ロカールポートで、リモートアドレスのリモートポートにアクセスできます。どうでしょうか便利そうではありませんか?リモートからLAN内に入れる利便性はVPNに通じるものがあります。VPNとまでは行かなくてもこれで気軽にアクセスできるので手軽にネットワークに入り込むことができます。

この機能は大変便利なのですがネットワーク・セキュリティとして制限したい場合も出てくるので場合によってはサーバー管理者により制限されているかもしれません。デフォルトでは使用できたと思います。

AllowTCPForwarding no

がsshdにより設定されている場合には使用できません。またユーザ設定でauthorized_keysにno-port-forwarding ssh-rsa 〜キーが

キーの前に設定されている場合はユーザ設定で禁止されています。この場合も使用できません。このように禁止されている場合も有りますので、レンタルサーバなどではこの機能は使用できないかもしれません。

まとめ

いかがでしょうか?SSHは使い方によっては非常に便利に使えます。その場に出向かなくてもリモートで色々できるのは非常に便利なのです。他にもX Widdow サーバの接続を転送でできたりするのでリモートサーバーのアプリを映すことができたりもするらしいです。SSHは奥が深く非常に興味深いシステムです。皆様も便利に使ってみてください。

アーカイブの画像
アプリ
WinRARで秘密のファイルを管理しよう

Winrarは世界中で有名な便利ソフトです。 ただのアーカイバーでしょといえばそれまでなのですが、セキュリティの強固なAESを使った暗号化などが行えるため手軽にセキュアな環境を構築できます。 もちろん持ち運びにも便利で暗号化したファイルを持ち運べばUSBをなくしてしまってデータ漏洩が心配という場合にも対応できます。 ポータブルWinRAR ポータブルで使う場 …

パソコンを使う若い男性
Raspberry Pi
Raspberry PiのOSイメージをddで扱う際の注意点

皆様こんにちは。ラズベリーパイを使用している方も増えているかもしれません。ラズベリーパイはSDカードをストレージに使ってOSをインストールする場合が多くなっています。そんな場合にある程度ギリギリのサイズのSDカードを使うことによりOSイメージを手軽に作ることができるのでddを便利に使っている方も多いと思います。 過去記事 OSをまるまるバックアップ。ddコマ …

アプリアイコンのイメージ
Tips
ジョジョジョイーン縮小革命で画像を扱いやすく!

皆様こんにちは。今日は画像をブログなどで使う際に扱いやすいサイズに調整する話です。 画像サイズはWEBで使う場合には適切なサイズというものがあります。あまり画像サイズが大きすぎると無駄にデータ通信を使うためにあまり勝手が良くないのです。 大体長辺が1000px以下くらいまで抑えても問題ない場合が多いです。画像のピクセル数、サイズを下げるメリットとしてはファイ …