玄人志向 超高速 M.2 NVMe SSD対応外付けケース GWM.2NVMe-U3.1AC レビュー

GWM.2NVMe-U3.1AC
レビュー

玄人志向製外付けMVMeケースのレビュー記事です。この製品ですがNVMeで外付け接続する製品で、従来の外付けケースより速い速度で接続できるという製品になっています。

公称1066MBpsの速度でシーケンシャルアクセスができるそうです。その実力は本物なのでしょうか。検証していきたいと思います。

タイプAに対応

タイプCのみでなくUSB3.1 gen 2タイプAに対応しているところがこの製品を買った大きな理由でした。

組み立て

組み立ては簡単で内部につけるためのヒートシンクが付属されています。別に買わなくてもいいのでこれは嬉しいセットです。まず2280のサイズのNVMeをつけるために穴の位置を合わせてネジをつけます。細かい作業になるのでちょっと面倒ですが、難なくこなしてください。

次にカートリッジを差し込んでネジで止めていきます。これも付属の専用ドライバーが付属しているので無事終わることでしょう。そしてヒートシンクをつけて内部にセットし外付けケースの蓋を閉じていきます。これで完済です。

セットで使ったSSD

今回セットで使ったSSDは以下になります。こちらの外付けケースNVMeのMキーのものしか使えないそうなので、注意が必要です。こちらのSSDは問題なくつかえました。

Crucial CT1000P1SSD8JP

ベンチマーク

公称通りの1060MBpsになりました。USB 3.1 Gen 2の最大速度が10Gbpsなので、Bpsに直すと1250MBpsとなり、これは理論値なので最大はそこまではでない。

8掛けだとしても1000MBpsとなりポートの限界まで出てくれている計算になります。なので満足のいくものとなっています。

まとめ

ランダムアクセス性能は若干心許ないものの。実際に使ってみた感じはやはり早い。

この速度ならちょっとしたファイルの転送などにストレスなく使えそうです。外付けハードディスクだとちょっとした衝撃などで壊す心配がありますがSSDなら衝撃にはHDDに比べて強いので安心感があります。

便利な時代になったものですね。

ディスプレイイメージ
レビュー
BenQ GW2283 21.5インチ IPS液晶ディスプレイ (241E9/11比較)レビュー

最近、液晶を落下させて壊したmacnです。241E9/11のレビューはこちら こちらのディスプレイですが評価の高い製品です。ただ評価が高いのと自分が気に入るかというのは別の問題のようでしてあまり気に入りませんでした。というのも前に使ってたフィリップス24インチ液晶モニタ241E9/11が良すぎたからです。 まずは画面の綺麗さ。比較できる明確な基準値がないので …

デュアルディスプレイ
アプリ
AndroidスマートフォンをWindowsのサブディスプレイに。duet display

マルチディスプレイ環境が無い場合にAndroidタブレットやスマートフォンをサブディスプレイに出来るとしたらどうでしょうか。 少し価値があると思いませんか?マルチディスプレイは資料を表示させたりする場合などに有効です。一つのディスプレイに資料もう一つに作業領域といった使い方これがなんとも便利な事でうけあいなので、皆様にもオススメしたいところです。何かと作業が …

リモート接続を楽しむ女性
Tips
linuxでWindowsにリモートデスクトップ接続する

先日はlinuxのインストールされたPCに接続してlinuxマシンをリモートで動かす意味でのリモートデスクトップ接続をご紹介しました。 本日はlinuxマシンをクライアントにしてWindows機のマシンをリモート操作するというお話です。 Remminaで簡単リモート接続 Remminaは様々なリモートデスクトップ環境で使えるリモートデスクトップクライアントの …