玄人志向 超高速 M.2 NVMe SSD対応外付けケース GWM.2NVMe-U3.1AC レビュー

GWM.2NVMe-U3.1AC
レビュー

玄人志向製外付けMVMeケースのレビュー記事です。この製品ですがNVMeで外付け接続する製品で、従来の外付けケースより速い速度で接続できるという製品になっています。

公称1066MBpsの速度でシーケンシャルアクセスができるそうです。その実力は本物なのでしょうか。検証していきたいと思います。

タイプAに対応

タイプCのみでなくUSB3.1 gen 2タイプAに対応しているところがこの製品を買った大きな理由でした。

組み立て

組み立ては簡単で内部につけるためのヒートシンクが付属されています。別に買わなくてもいいのでこれは嬉しいセットです。まず2280のサイズのNVMeをつけるために穴の位置を合わせてネジをつけます。細かい作業になるのでちょっと面倒ですが、難なくこなしてください。

次にカートリッジを差し込んでネジで止めていきます。これも付属の専用ドライバーが付属しているので無事終わることでしょう。そしてヒートシンクをつけて内部にセットし外付けケースの蓋を閉じていきます。これで完済です。

セットで使ったSSD

今回セットで使ったSSDは以下になります。こちらの外付けケースNVMeのMキーのものしか使えないそうなので、注意が必要です。こちらのSSDは問題なくつかえました。

Crucial CT1000P1SSD8JP

ベンチマーク

公称通りの1060MBpsになりました。USB 3.1 Gen 2の最大速度が10Gbpsなので、Bpsに直すと1250MBpsとなり、これは理論値なので最大はそこまではでない。

8掛けだとしても1000MBpsとなりポートの限界まで出てくれている計算になります。なので満足のいくものとなっています。

まとめ

ランダムアクセス性能は若干心許ないものの。実際に使ってみた感じはやはり早い。

この速度ならちょっとしたファイルの転送などにストレスなく使えそうです。外付けハードディスクだとちょっとした衝撃などで壊す心配がありますがSSDなら衝撃にはHDDに比べて強いので安心感があります。

便利な時代になったものですね。

スイッチングハブの画像
レビュー
ネットワークが遅い原因。トラブルシューティング。速度を10倍改善させた事例

皆様こんにちは。実際にあった事例でネットワークの速度を十倍も改善した事例をご紹介いたします。ネットワークが何故か遅い。そんなことは皆様様の周りでありませんでしたか?ギガハブが当たり前になってきた昨今。ネットワーク速度が10Mくらいしかでてないとしたらそれはもう何かがおかしいとしか言えないかもしれません。 ギガネットワーク(1000BASE)ですと、通信速度は …

PDF編集例
レビュー
PDF変換編集ツール、ソースネクスト、いきなりPDF使用感レビュー

皆様こんにちは。先日知人よりPDFの編集可能なツールはないかと問い合わせがありました。PDFの編集可能なツールとしては、いきなりPDFやワンダーシェアのPDF elementなどがあります。その他アドビの高品質と思われるAcrobat Pro等のツールもありますが、いかんせん高いので格安のものから選択するということで、いきなりPDFを試してみました。 いきな …

ロボットと握手
アプリ
マイクロソフト製無料RPA Power Automate Desktop

皆様こんにちは。今日は今はやりのマイクロソフト製RPA Power Automate Desktopを使用してみました。 RPAとはRobotic Process Automationの略で、機械的な自動化作業を行うツールの総称のようです。簡単にいうとロボットがあなたの代わりに作業を行ってくれるというジャンルになります。 どんなものか試してみましたが、MS …