新型コロナウイルス濃厚接触確認アプリ(COCOA)が出ましたが、位置情報が必要なのはなぜ

スマホを持つ女性
アプリ

新型コロナウイルスの濃厚接触がわかるアプリが出ました。このアプリはBluetoothを使い近くにいる人と情報を交換して記録し、後で新型コロナに感染しているとわかった場合に、感染したことを登録した人からもらった情報により自分のスマホの中に記録された情報と照合して、濃厚接触した事がわかるという仕組みになっているそうです。

このアプリはグーグルとアップルの協力により開発されていて、各国に一機関のみが配布するということになっています。日本では厚生労働省が配布するということになります。

6割普及でコロナが抑えられる可能性

国民の6割に普及すれば新型コロナを抑える事ができるとされているので、いま普及に力を入れているところです。スマホの普及率は2017年ごろは、6割くらいでしたが今は85%を超えているのでスマホを持っている人の殆どが入れてくれれば達成出来るでしょう。

アプリはインストールすると、まず利用規約やプライバシーポリシー等に同意させられます。その後、設定Bluetoothや位置情報などの設定をONにしたりさせられて利用を開始出来ます。

位置情報はなぜ?理由があるのか

位置情報をONにさせられます。これはBluetooth Low Energyデバイススキャン使用時に位置情報を必要するアンドロイドの仕様との事です。BLEは省電力通信を行うための技術でAndroid4.3頃から端末に実装され始めています。google ディベロッパー向けページ以下の記述がありました。

BLE スキャンでは、位置情報の特定に使用するオブジェクトの識別が行われるため、位置情報の利用権限が必要になります。位置情報サービスを無効にすると、Bluetooth スキャンも無効になります。

https://source.android.google.cn/devices/bluetooth/ble?hl=ja

個々のアプリが接続するデバイスを見つけるためだけにスキャンしている場合でも、BLE スキャンを使用するには位置情報の利用権限が必要です。ユーザーが位置情報のスキャンを無効にした場合、またはアプリに位置情報の利用権限を付与しなかった場合、アプリは BLE スキャンの結果を受け取れません。

https://source.android.google.cn/devices/bluetooth/ble?hl=ja

一応利用規約やプライバシーポリシーなどを読んでいくと確かに位置情報などは記録しないとありましたのでそちらも信じましょう。さらには利用規約では禁止されていましたがGoogleのプレイストアのレビューでリバースエンジニアリングしてソースコードを確認したところ

GPSを使うような怪しいコードはなく、最低限の機能実装だったとおっしゃるかたもいました。これらのことからこのアプリは安全であるといえるのかもしれません。

実際アプリ別の権限のところにこのアプリの位置情報の権限設定はありませんでしたし、アプリのインストール時の使用権限を見ても、位置情報を使うとはありませんでしたからそちらも安心材料でしょうか。必要権限も非常に少なくシンプルです

使用権限(これ以外のGPSなどの権限はなし)

view network connections(ネットワーク接続の表示)
pair with Bluetooth devices(Bluetoothデバイスのペアの設定)
full network access(ネットワークのフルアクセス)
prevent device from sleeping(端末のスリープを無効にする)
run at startup(起動時の実行)

またGoogleのサイトにこのような表記があるのを見つけました。

この位置情報は Bluetooth 信号をスキャンするために使用するものであり、システムで位置情報の収集や追跡が行われることはありません。

このアプリは意外とプライバシーに配慮されているようです。Googleやアップルはアメリカの会社なのでプライバシーには配慮している企業です。

仕組みからして個人情報の取扱などに制限がかかっているとのことで安心してもよいのでしょうかね。そこが心配だと普及しないので致命的ですが、私は信用してみることにしました

位置情報がONで困る理由

全体的な設定である位置情報のON/OFF機能。位置情報がオンですと困る理由に写真への自動位置情報付加が挙げられるようです。

ご存知の人とそうでない人がいらっしゃるかと思いますが、GPSオンで写真をとると何もしていない場合、写真のEXIFという雑多なデータを保管する場所にGPSの位置情報が記録される事があります。

これに気づかずに写真をそのままSNS(ソーシャルネットワークサービス)などにアップロードされるとその情報から行動範囲が分かってしまうという落とし穴がある場合があるという事です。

それを心配されている方がいらっしゃいましたし、実際気づかないでアップロードされてしまう方もこの位置情報をオンにする時間が長い事により起こってしまうかもしれません。

一応これ対策としては、カメラアプリにも設定がある場合が多く、カメラアプリ側で位置情報をオフにされるとよいです。一度ご確認くださいますようお知らせいたします。

このアプリを皆様が使えばいち早くコロナウイルスの感染に気づくことができるために普及によりコロナ収束への道が近づく事になります。私もブログをやっている身としてはこのアプリを推進したいです。

このアプリを応援し経済活動を犠牲にしない形でコロナ対策ができるのではないかというこのアプリのコンセプトに賛同してコロナの収束をより長くより早くさせられたらいいなぁなどと思いました。

アプリはアンドロイド版やiOS版があります。プレイストアやApp storeで入れてください。

アプリ
自作でゲームを作る?ゲームエンジンUnity体験記

私はプログラミングはたまにやるのですが、ゲームを作ろうと思った事はあまりありません。 理由としてはゲームを作るとなると一から色々書かなくてはならないと思っていたからです。それほどスキルは高くないし、時間もありません。 ところが世の中にはゲームエンジンなるものが存在していて、それを使えばゲームに必要なコードを省略してかけるというではありませんか。そこでじゃあゲ …

アプリ
怪しいソフトもこれで安心Windowsサンドボックス。VMWareもご紹介します

サンドボックスは砂場のことですかね。パソコンの場合サンドボックスというと外部から隔離された試験環境のことでサンドボックス内で動かされたプログラムはサンドボックスを超えて外部に出られないようになっています。ジャイルとも似た言葉ですね。 サンドボックスは通常仮想環境作成ソフトウェアで作成します。仮想環境を作れるソフトにはvmware , virtualbox, …

黒電話
アプリ
MVMOは通話料金が高い経由電話(プレフィクス電話)で安くあげよう。

ドコモ系MVNOの携帯電話会社は大変多いです。MVNOは料金が安いので助かるのですが、弱点としては電話料金がそのままでは高いというのがあります。しかしながら経由電話を使うことにより電話料金を安く抑える事ができます。 経由電話とは 電話会社の回線網は実はいろいろな会社が持っています。そこでどこかの電話会社の回線網を経由して電話する事で電話料金が安くなることがあ …